コラム

OJTトレーナー研修がリニューアルしました!

2016年11月18日

この秋より、OJTトレーナー研修がリニューアルし
ムビケーション学習スタイルで受講していただけるようになりました!

※ムビケーション学習スタイルとは何かはこちらをご覧ください。

今回はリニューアルしたOJTトレーナー研修ムビケーションの2つのポイントを
ご紹介したいと思います。


――――――――――――――――――――
ポイント①「心構えが学習できる」
――――――――――――――――――――

ムビケーション学習スタイルになったことで、“心構え”
いわゆるOJTトレーナーとしてのスタンスが学習できるようになりました。

心構えやスタンスといったものは、基本的には自身の経験によって
培われるものだと思います。しかし、これでは自己流になってしまいます。
そして、必ずしもそれがトレーニーに適しているかというとそうではありません。

ムビケーションでは、受講生に業務を疑似体験させる中で、様々な業務シーンに遭遇させます。
そこで気づいたことや感じたことを共有するワークを設けています。

そうすることで、OJTをする際の基本的な“心構え”を身を以って感じながら
学習できるようになっています。


――――――――――――――――――――
ポイント②「OJTとしての意識を醸成する」
――――――――――――――――――――

OJT制度についてはほとんどの企業で導入されているものですが、上手くいっていない
という話をとてもよく耳にします。

労働政策研究・研修機構が2015年に実施した調査では、OJTの課題として

「業務過多で育成する時間がない」とならんで「育成するスキル・意識がない」
という回答が多くございました。

そこで、今回のOJTトレーナー研修ムビケーションでは

「組織から見たOJTの真の目的」

言い換えれば、自身がOJTの役割を果たすことで、組織にどのような影響を与えるべきかを
ストーリーを用いて受講生に訴えかけています。
そのうえで、自身がどのような“想い”を持ってOJTを行うのか色紙に一筆したためる
というワークを用意し、意識の醸成を図っております。

 

以上、OJTトレーナー研修ムビケーションの2つのポイントでございました。

ムビケーション学習スタイルにより、これまでのOJTトレーナー研修以上に
心に響くプログラムとなり、お客様に喜んでいただけるのではと考えております。

詳しくはこちらをご覧ください。

それでは!ムビケーションの次回作もお楽しみに!

カテゴリー: 新人

ページの先頭へ