講師紹介

第十三回:大嶋美保講師

大嶋 美保(おおしま・みほ)
京都府出身/岐阜女子大学 家政学部住居学科卒
 

■これまでの経歴を教えてください。

 大学卒業後、建築士見習いとして設計補助や模型造りを行っていましたが、上司と上手くコミュニケーションがとれず、挫折。この時代の失敗体験の数々が、講師業に大いに役立っています。
 その後、日本最大手通信会社にてシステム運用・ヘルプデスク部門でオペレーション業務を担当後、チームリーダーとして年上の部下や新人育成に携わり、アサーションやチームビルディングの重要性を学びました。この頃から、人と関わる仕事に自分がやりがいを感じることに気づき、接客業に転職。愛知万博で1日3000人以上のお客さまとの接遇を経験しました。万博終了後はコールセンタートレーナー職として、コーチングを用いた指導を通し応対品質・顧客満足の向上を実現してきました。
 さまざまな業界、職種を通して共通しているのは、人と関わること。現在は、研修講師・プロコーチとして独立。コーチングとポジティブ心理学をベースに、企業研修、個別支援、ワークショップやセミナーを開催しています。

■どのような学生時代でしたか。

 学生時代は建築を学んでいたこともあり、建物探訪が好きでした。街を探索しながら、一風変わった住宅を見つけてワクワクしたり、建築雑誌に掲載されている公共建築や店舗に足を運んだり、また卒業旅行は九州一周商業建築めぐり旅を企画したりと、好奇心旺盛にアクティブに動いていました。

■なぜ人材育成業界、講師を志したのですか。

 自分が講師になるとは、夢にも思っていませんでした。コールセンターで個別指導や社内研修を行う機会を頂いたのがきっかけとなり、その後、周りの方から与えていただいたチャンスを受け取っていくうちにここにたどり着いたという感じです。これまでチャンスを与えてくださった方々に、心から感謝しております。

■研修講師としてのやりがい、面白みを教えてください。

 まず第一に、受講者の変化や気づきの瞬間に立ち会えることです。その瞬間は人としてとても美しく感じます。ちょっと大袈裟かもしれませんが、その人の歴史的瞬間に立ち会わせていただいた感じがしてとても嬉しく感じます。
 二つ目は、協働感が得られること。企業様が望んでいらっしゃること、研修会社様が求めていらっしゃること、その中で講師としてできる最高は何なのか。企業様、研修会社様と共に創りあげていったものが当日、受講者の成長という形で結果になり、自社で活躍されている姿を耳にすると、とても嬉しいです。
 三つ目は、さまざまな業界、職種、世代の方々に出会えることです。多くの方々との出会いを通じて、毎回色々な気づきと学びがあり、私自身が成長させていただいています。

■講師として大事にしていることは何ですか。

 『主役は受講者であること』『可能性は無限であること』『自ら答えを見つける力があること』を前提に、講師は受講者の能力を引き出し、成長を促す存在であること。
研修は、受講者、企業様、研修会社様、講師、チームで成り立つ仕事であることを常に忘れないようにしています。

■今後の目標

 研修や個別支援を通じて、個人と組織の幸福度UPに貢献することです。

■一問一答

  • 休日の過ごし方
    近くの公園を散歩したり、プラネタリウムを見に行ったり、美術館に行ったり・・・。
    あまり予定を詰め込まず、感じるままにやりたいことをする時間が好きです。
  • 趣味
    「食べ歩き」:カウンター席で、料理人のプロの仕事を拝見しながら食事をするのが好きです。食材を大切に慈しみながら扱う姿勢に学ばされることが多々あります。
    「プラネタリウム鑑賞」:近くのプラネタリウムに暇があれば観に行っています。宇宙旅行に行った感覚が得られて、心が穏やかに、軽やかになります。
  • 好きな食べ物
    お寿司・イタリアン・フレンチ・中華。美味しいものなら何でも大好きです。
    旬の野菜や地元の食材を使った料理が特に好きです。
  • 好きな映画
    「ザ・シフト」
    「最高の人生の見つけ方」
  • 小さい頃の夢
    「数学者」:解けない問題を考えるときの楽しさや、公式を発見したときに感じる美しさにワクワクしていました。
    「建築士」:子供の頃、公務員宿舎に住んでいた為、持ち家に対する憧れが強く、いつか自分で設計した家に住みたいと思っていました。
  • 学生時代の得意な科目
    数学、音楽。
  • 学生時代の苦手な科目
    化学。
  • スポーツ歴
    「居合道」:珍しさに惹かれて大学時代に部活に入りました。

■マイナビ研修企画部から見た大嶋講師とは

 大嶋講師の研修はとてもパワフル。どちらかといえば小柄なその体躯から、あのパワフルさがどう生まれるのだろう、と不思議に感じるほどです。受講者をぐいぐいと引っ張り巻き込む研修は、大嶋講師ならではといえるでしょう。
 そして、受講者に対する接し方はポジティブな意味で厳しく、メリハリがきいています。その厳しさとメリハリの中に、受講者に対する真摯な想いが見え隠れするのです。受講者に気づいてほしい、より良くなってほしい。自身が何を与えられるのだろうか。そんな強い情熱を感じる研修を実施される講師です。(研修企画部・薄)

カテゴリー: 大嶋美保講師

ページの先頭へ