ムビケーションスタイル 究極のビジネスシミュレーション研修ムビケーションスタイル

サービス一覧

オリジナルムビケーション

ojtトレーナー研修ムビケーション

研修概要

POINT

  • point01 「なぜ育成が必要なのか」といった本質的な意味への気づきから、新人の教育・育成の重要性を認識し、OJTトレーナーとしての心構えを習得します。
  • point02ムビケーション学習スタイルで職場での指導場面を再現することで、OJTトレーナーとして必要な考え方やスキルを体験学習できます。

※OJTトレーナーの定義・・・人事・教育関連部署ではなく現場の社員(同僚)であり、日々の仕事を通じて仕事に必要な知識やスキルを、後輩社員に教える先輩社員。教育担当ともいう。

■学びの要素■

OJTトレーナーとして後輩を育成するために必要となる基本的な知識とスキルを体験を通じ学習します。

OJTトレーナーの
心構え
OJTの進め方
OJTトレーナーの
コミュニケーションスキル
OJTトレーナーの
指導スキル
(コーチングとティーチング)

ストーリー概要

ストーリー

OJTの基本を学ぶために株式会社マイ・エデュケーションにやってきたあなた。
「わが社の職場を見て、OJTの進め方を体感してください」という宮部部長に案内され、オフィスに入っていく。
オフィスでは、OJTトレーナーの小野さんが新入社員の岸さんの指導にあたっていた。熱意を持って指導にあたる小野さん。
一方で、どこか不満気な岸さんの様子が気になる・・・。

OJTについての学びを深め、マイ・エデュケーション社での体験が終わりに近づいていたとき、
「自分は今まで指導されてこなかった・・・」と小野さんから打ち明けられた。
そして、宮部部長がOJTの目指すべき本当の目的について語ってくれることになる。

登場人物と相関図

部長:宮部

創業期からのメンバー。部下の言葉にじっくりと耳を傾け、メンタルヘルスに関するアドバイスを行っている。

営業課課長:大橋

人当たりが良く、着実に成果を出し、出世してきたタイプ。

先輩:山本

クールで優秀な営業課のエース。誰よりも仕事ができるが、冷たい印象を持たれやすい。

OJTトレーナー:小野

主人公の指導役として、接することの多い先輩。面倒見がよく熱心だが、後輩指導について課題を抱えている。

メンター:金子

理解しないと行動できないタイプ。大きな悩みを持っている。

新入社員:岸

入社1年目。一生懸命頑張っているが、自信が持てずにいる。

相関図

映像ダイジェスト

映像ダイジェスト

プログラム概要

ミッション

使用教材

テキスト
研修テキスト

研修テキスト

育成計画書

育成計画書

お申し込み

公開研修型

1名様から参加可能:3日コース98000円
詳細はこちら

講師派遣型

貴社内で実施:費用要相談
お問い合せはこちら
ムビケーション無料セミナー・体験会はこちら
ムビケーションHOMEへ戻る
ページトップへ戻る