コラム

新入社員が入社後に感じた「能力のギャップ」とは?(2017年7月のマイナビ調査より)

2018年02月20日

新入社員が入社後に感じた「能力のギャップ」とは?

2018年もあっという間に2ヶ月経とうとしています。
いよいよ新入社員の入社が近づいてきました。
人事ご担当者様だけでなく、現場の社員の方々も
新しい顔ぶれが仲間に加わるのを楽しみにしていることと思います。

とはいえ何事も「最初」というのは難しいもので、
新入社員が現場に溶け込めない、うまくいかないといったことも起こるものです。

では実際、新入社員は、仕事や能力の点でどのような不足・ギャップを感じているのでしょうか?

本日は、マイナビの調査データを元に、
「新入社員が入社後に感じた能力上のギャップ」について
いくつかご紹介したいと思います。

今回ご紹介するデータは、2017年7月にマイナビが実施した
「2017 年マイナビ新入社員意識調査 ~3 カ月後の現状~」のものです。

目次

 

新入社員が社会の厳しさを実感した理由は?

まず、新入社員が今までの生活とのギャップを感じた理由を挙げたいと思います。
以下の表のとおり、81.8%の方が「能力・スキル不足を実感したとき」と回答しています。

 

社会人になり厳しかったと感じたときはどんなときですか(2017年7月 マイナビ調べ)

【出典】「2017 年マイナビ新入社員意識調査 ~3 カ月後の現状~」

上記は、2015年~2017年のデータですが、
一貫して「能力・スキル不足を実感したとき」が高い割合です。

誰しもそうですが、実際に仕事をしてみて初めて、
能力やスキル不足を実感し社会の厳しさを感じる方が多いようです。

 

去年の新入社員が入社後に感じた「能力のギャップ」とは?

では、どのような能力に不足を感じているのでしょうか。
「実際に仕事をしてみて、今自分に不足していると感じる能力はどれですか」という質問に対して、以下のような回答がありました。

実際に仕事をしてみて、今自分に不足していると感じる能力はどれですか(2017年7月 マイナビ調べ)

【出典】「2017 年マイナビ新入社員意識調査 ~3 カ月後の現状~」

1位は「計画力」で34.7%
2位は「主体性」で27.3%
3位は「状況把握力」で24.8%…と続きます。

 

全体的に、きちんと自分のタスクをコントロールし、いわば「手綱を握って」仕事を進めていくことについて能力不足を感じているようです。

なお、逆に、あまり能力の不足を感じていないものとしては、
下から順に以下のようになっています。

・規律性 4.4%
・傾聴力 10.4%
・ストレスコントロール力 11.1%

こちらは逆に、きちんと規律を守り、先輩社員や上司の言うことをよく聞いて我慢強く仕事を進める新入社員の姿がイメージされます。

皆様の職場の新入社員の方はどのような傾向がありそうでしょうか。
業種や職種、企業ごとの社風によって異なるとは思いますが、ご参考にしていただければと思います。

 

新入社員に求められる「計画力」

さて、改めて不足している要素に話を戻すと、
とくに回答が多かったのは「計画力」の不足です。

コラム筆者自身、OJT担当やマネージャーとして様々な新入社員の育成に携わってきたのですが、「言われてみればたしかにそうだろうな」という感想を持ちました。

新入社員は、自分たちや周囲が思っている以上に、

「仕事を計画的にこなせない」

「タスク管理ができない」

「山積みの仕事に押しつぶされる」

といった傾向があるようです。

特にたくさんの仕事を学び、覚えなければいけない新入社員にとって、
なかなか余裕のある仕事をするのはそもそも難しいものです。

そのような観点からここでいう「計画力」の内容について考えてみると、
当然、プロジェクトの管理や仕事全体の計画といった大きなものではなさそうです。

それよりも、自身の仕事の進め方、タスク処理の手順・優先順位付けといった、
具体的な個々の仕事における「計画力」なのではないでしょうか。

その点では、どの職場でも若手の頃から求められるシーンが多い能力と言えそうです。

とくに新入社員の仕事は
「自分から創る」というより「依頼される」
という受け身の仕事が多いものですが、
様々な仕事を依頼されるマルチタスクの状態になってきたときに、
なるべく計画的に仕事をすることが求められます。

こうした状況は、決められたことを一つ一つ取り組むことが多い学生時代とは大きく異なるもので、
戸惑う新入社員が多いようです。

この調査結果を見ていると、そうした学生時代とは異なる状況で
「計画的に仕事をしないと!」
と強く感じた新入社員たちの「実感」が、ひしひしと感じられます。

人事担当者の方や現場の育成担当の方においては、今一度、
「新入社員の計画力」をどのように伸ばしていくかを考えてみていただければ幸いです。

 

~~~~~

 

マイナビでは、「計画力」に限らず、仕事を進める上での基本的なスキル・知識を、
リアルな職場環境を再現したシミュレーション型研修「ムビケーションスタイル」で学ぶ新入社員研修もご用意しています。

主観カメラによるドラマ映像を用いて、実際の現場に近いリアルなシチュエーションを再現し、
単にインプットするのではなく、疑似体験の中でアウトプットして学んでいきます。

もちろん、マルチタスクへの対応だけでなく、ビジネスマナーやビジネスコミュニケーションといった、
様々な基本行動・基本スキルをまんべんなく学んでいただける総合的な学習プログラムとなっています。

 

ぜひ一度、ご検討ください!

カテゴリー: 新人

ページの先頭へ