山口 亮講師

山口 亮(やまぐち・りょう) 講師

兵庫県出身 /  関西学院大学 社会学部社会学科卒

主な研修内容・専門テーマ

新卒採用~各種階層別研修/営業/(営業)管理者/思考力・発想力強化/ロジカルシンキング/モチベーション・セルフリーダーシップ/評価者研修

これまでの経歴を教えてください。
 大学を卒業した後、大手専門商社に営業として就職しました。バブル期の名残で、商社マンへの憧れというだけの志望理由でした。いざ入社してみると非常に厳しい会社で、最初は自分の甘さを痛感しました。ただ、先輩や上司はもちろん、お客様や仕入れ先様に恵まれたおかげで、厳しくても楽しく、やりがいもありました。表現方法が難しいのですが、一言で言うと“ビジネス”というより“商売”の基本を学んだ5年間でした。
入社5年目、27歳の時に生命保険会社に誘われて転職したのですが、お恥ずかしい話で、それまでの営業で、お客様心理とかを考えたこともありませんでした。保険会社の最初の2年間は午前中が営業研修、午後から夜まで営業活動の毎日で、営業の奥深さを知りました。そして5年間の生命保険営業を経験した後に、コンサルティング会社に転職し、5年経験を積んだ後、2008年に独立して起業し、2014年に法人化、現在に至ります。
どのような学生時代でしたか。
 ほとんど勉強はしていなかったですね。イベントサークルで会長を務めていましたし、サークル以外でもいろいろなイベントを企画していました。良く言えば世話好きで、人を楽しませることが大好きでした。悪く言えばおせっかいやきです(笑)。大学3年からは、アメリカンフットボールのクラブチームにも所属していました。とにかく興味を持ったら、なんでも挑戦してみるタイプでしたね。
なぜ人材育成業界、講師を志したのですか。
 私の場合は研修業界や講師を志したというより、経営コンサルタントを志したのがきっかけです。前職の生命保険業界の営業で、経営者の方に保険を提案する機会が何度かありました。生命保険を活用して経営者や従業員の“万が一”に備えたり、退職金を積み立てたりというプランを提案するのですが、そのためには経営の知識や税務の知識などが必要となります。そうやって経営の勉強をしていくうちに、その奥深さや面白さ、もちろんその難しさに興味を持ち始めたのがきっかけです。
研修講師としてのやりがい、面白みを教えてください。
 もともと営業あがりですから、コンサルティングの顧問先では業績こそがやりがいであり、面白みでもありますが、研修ではやはり研修アンケートの結果ですね。コンサルティングの顧問先と違って、研修ではアンケート結果が直ぐに出ることに面白みを感じますし、受講者の皆様からの喜びのコメント一つ一つが、この仕事の何よりのやりがいだと感じています。
講師として大事にしていることは何ですか。
 講師としてというよりビジネスマンとして、人間として大事にしていることが、『損得の得より、人徳の徳を大切にする』です。以前勤めていたコンサルティング会社の社長、つまり私の師匠がよく言っていた言葉です。勤めていた時から常に心の中にありましたが、独立した今の方が、改めてその大切さを感じています。
今後の目標
 「一人でも多くのプロビジネスマンを育成すること」です。これからはコンピューターやAIはもちろん、海外からの優秀な人材とも競争していかなければなりません。競争を勝ち抜くための真の実力を身に付けていかなければ生き残ることは難しいと考えます。その中で講師としてできることは、受講者の皆様に“変わる”きっかけを作ることですが、限られた時間の中で、今の自分にできる精一杯の“きっかけ”を提供していく事が使命だと思っています。将来的にはもっと若い世代、大学生だけではなく、高校生、更に若い世代にそういった機会を提供していきたいと考えていますし、もっと大きなことを言えば、今の日本の教育システムそのものを変えることが目標です。

マイナビ研修サービスでは、
人材育成研修プログラム
提供しています。

さまざまなニーズに応じたプランをご用意しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

TOP