文章か映像か『ムビケーション効果測定実験による驚きの結果を公開!!

- 2016.01.05実施 -

  • お申し込みはこちら

効果測定実験の分析、及び監修者

正木 郁太郎 氏

社会心理学研究者

採用学研究所
東京大学大学院 人文社会系研究科

組織風土の醸成・職場への影響などの研究を進めている社会心理学・組織心理学の研究者。近年は企業におけるダイバーシティ推進・女性活躍の問題について学会で発表するなど、組織心理学の視点から幅広く研究を行っている。

効果測定概要

効果測定結果

“動画” “文章教材”閲覧後の状況理解度

参加者の把握度に大きな違いはない!?

把握度の質問

【7=完全に把握できた】〜【1=完全に把握できなかった】※数値は各群の平均値を記載

  • 6.00
  • 5.75
  • 4.67
  • 4.00
  • 5.42
  • 4.42
  • 6.00
  • 4.17
  • 4.08
  • 5.58
  • 5.67
  • 5.25
  • 3.33
  • 4.33
  • 3.75
  • 5.25
  • 3.58
  • 3.75
  • 群間の平均値差の検定はU検定の結果を記載( + p<.10, * p<.05, ** p<.01, *** p<.001)。

「営業課の人間関係」についての設問を除き、すべての項目においてムビケーション群の方が高い点数となっているが、際立った明確な違いは、現れなかった。

“文章教材“読込み中の 心理状況

全体の25%が教材は読み飛ばしてしまう!!

文章教材を読み込んでいる最中の自身の状態

【6=非常に当てはまる】〜【1=全く当てはまらない】

  • 33.3%
  • 25.0%
  • 25.0%
  • 83%
  • 25.0%

全体の約30%の人が、周囲の進度を気にしたり、焦りを感じ、時には読み飛ばしたりしていることが分かった。

グループディスカッション時の心理状況

ムビケーションではポジティブな気分が強い

ディスカッション時の自身の心理状況

【6=非常に当てはまる】〜【1=全く当てはまらない】※数値は各群の平均値を掲載

  • 1) 佐藤・安田(2001)の日本語版PANAS(気分を測定するための尺度)を用いた。
  • 2) 群間の平均値差の検定はU検定の結果を記載( + p<.10, * p<.05, ** p<.01, *** p<.001)。

この分析結果から、ムビケーションではポジティブな気分が強く、ネガティブな気分になることは少なかった。ムビケーションは、グループ討議のムードを大きく変化させることが分かった。

グループディスカッション時の 打ち込み度と満足度

疲労感40%軽減  研修継続意欲96%上昇

グループディスカッションへの打ち込み度

【10点満点】※数値は各群の平均値を掲載

  • 群間の平均値差の検定はU検定の結果を記載( + p<.10, * p<.05, ** p<.01, *** p<.001)。

研修に対する所感

【10点満点】※数値は各群の平均値を掲載

  • 群間の平均値差の検定はU検定の結果を記載( + p<.10, * p<.05, ** p<.01, *** p<.001)。

ムビケーションでは、グループ討議の際の打ち込み度が30%上昇した。
また、所感においてもムビケーションは、文章と比較をして実習の疲労感を40%軽減させ、楽しさ60%、満足度55%、継続意欲96%高めることが分かった。

グループディスカッションの質【発言数】

ムビケーションではより多くのことばが交わされ、議論開始までの時間が短い

グループディスカッション内容のテキストマイニング

(文字データ分析)

ムビケーションの方が発言者の入れ替わりが頻繁に行われており、

グループ討議が活発に行われている

ムビケーション群の発言者の発言割合 文章教材群発言者の発言割合

5分単位での発言者総数

  • 5.0min
  • 10.0min
  • 15.0min
  • 20.0min
  • 縦軸は単位時間あたりの発言者の総数。「0.0~5.0min」「5.0~10.0min」「10.0~15.0min」「15.0~20.0min」の各5分間ごとに集計

議論の展開に違いが見られた。ムビケーション群は議論が開始されるまでの時間が短く、全時間帯で活発に議論されるのに対して、文章群では徐々に議論がなされていくことが分かった。

このコンテンツを見るためにはJavaScriptを有効にしてください。Please enable JavaScript to watch this content.

グループディスカッションの質 【進み方】

文章群では誰かを置いてきぼりにして話が進む状況が頻発

時間ごと、発言者ごとの発言数

※発言数が1回または0回の人を色分け表示

「誰かを置いてきぼりにして話が進む(ただし誰が置いていかれるかは変化する)」という状態が、文章群では頻繁に生じていたことが分かった。(下図のイメージ)

発言者の発言 発言者の発言

グループディスカッションの質 【内容】

ムビケーション群:ミクロ、マクロ共に強調される
        文章群:マクロ視点のみ強調される

テキストマイニングの分析
(文字データ分析)

  • チーム内の課題に関する単語
  • 組織レベルの課題に関する単語
  • 登場人物の名称

チーム、教育という単語が両群とも上位に来ていたり、全体的な傾向自体は共通している。しかし、頻出語を分類し比較していくと、以下のような違いがあらわれた。

・ムビケーション群・・・ミクロ、マクロ共に強調される

(“チームレベルの課題”や“実際の人物名”、 さらには“組織目線のビジョン”まで頻出している。)

・文章群・・・マクロ視点が強調される

(「情報」「会社」といった単語など、組織レベルの単語が頻出している)

ムビケーションスタイル
目次
  • ・効果測定実験の概要について
  • ・効果測定実験の流れと実際の様子
  • ・実験の分析結果
  • ・今回の実験結果のまとめ

効果測定についてより詳しく知りたい方はこちら

ページトップへ戻る