ムビケーションスタイル 究極のビジネスシミュレーション研修ムビケーションスタイル

サービス一覧

オリジナルムビケーション

新入社員研修ムビケーション

研修概要

POINT

  • point01主観カメラを用いた映像と講義をミックスし、ストーリーで展開するビジネスシミュレーション型の新しい学習スタイルです。
  • point02経済産業省提唱の「社会人基礎力」を基盤にして学びのポイントを構成した、若手社員向けの総合学習プログラムです。
  • point03コーン・フェリー・ヘイグループとの共同開発により、学習効率の高いプログラムを実現しました。

下記のようなケースにおすすめです

環境に関わらず、自ら考えて行動できる社員を育てたい
厳しい環境の中で社会人としての強さを持たせたい
入社時の研修だけではなく、配属前の研修、フォロー研修として受けさせたい

ストーリー概要

ストーリー

株式会社マイ・エデュケーションに出向を命じられた。早速、課長からの依頼をこなしていると、
顧客からのクレーム電話、部長からの依頼、先輩との営業同行など次々と業務が舞い込んできた。
そして最後は『若手社員の成長に必要な要素』をアオイ商事の役員にプレゼンすることになる。

登場人物と相関図

社長:田中

若手育成への貢献に強い信念がある。人脈もあり、経験も豊富なマイ・エデュケーション社の大黒柱。

部長:宮部

創業期からのメンバーで、熱い想いを持っている。部下の成長の為に毅然とした態度で接することもある。

OJTトレーナー:田中

主人公の指導役として、接することの多い先輩。誰よりも仕事ができるが、冷たい印象を持たれやすい。

先輩:小野

少しミスも多いが、気の良い先輩社員。マイ・エデュケーション社のムードメーカー。主人公に対して積極的に声を掛けてくれる。

同僚:山下

開発課に所属。若くして開発職に抜擢された期待の社員。知識が豊富で、分りやすくアドバイスしてくれる。

同僚:森田

人事課採用担当。ややおせっかいなところがあるが、相手の気持ちを汲みとり、丁寧な説明を心がけている。

取引先担当者:安田

アオイ商事の人事担当者。優柔不断な性格。新入社員研修について悩みを抱えている。

社外メンター:平山

マイ・エデュケーション社と業務提携をしているコンサルタント。宮部部長と長い付き合いがあり、今回も大事なところで助けてくれる。

相関図

映像ダイジェスト

映像ダイジェスト

プログラム概要

Mission1会議資料を準備せよ

STORY

配属発表後、先輩社員と挨拶。早速、課長から書類作成の指示を頂いた。資料を作成していると、取引先からお叱りの電話が・・・。そして、部長から急な依頼も舞い込んできた。どの仕事から取組めば良いのだろうか。

学びのポイント

  • 業務の進め方、仕事の質にこだわる
  • 報・連・相のおさらい

Mission2面談内容を報告せよ

STORY

山本さんに同行して、取引先「アオイ商事」へ訪問した。商談内容の議事録を取ることが私の仕事だ。山本さんのトークは分かりやすくて学びが多い。会社に戻り、分かりやすい議事録を作成しないと。「あれ、これって誰が読む議事録だっけ」

学びのポイント

  • 報告書の書き方
  • 相手視点で考える

Mission3難題をクリアせよ

STORY

今度は、「膨大な情報を分析して、自分なりの見解を述べる」という難易度の高い課題だ。一人で考えても限界があるから、先輩社員に相談してみようかな。もちろん自分なりの見解を整理してから、相談しないと。

学びのポイント(3日コースのみ)

  • アドバイスを貰う
  • 周囲を巻き込む
  • 能動的に行動する

Mission4考え方の違いを知る

STORY

「いろんな人がいるでしょ」と小野さんが声をかけてきた。組織で働くうえで、大事なことをアドバイスしてくれるようだ。コーン・フェリー・ヘイグループのアセスメントツールを使いながら、自己分析、他者分析、そしてチームビルディングを学ぶことになった。

学びのポイント(3日コースのみ)

  • 効果的なコミュニケーション
  • 自身のタイプを知る
  • チームで効果を上げる

Mission5新たな依頼を受けろ

STORY

アオイ商事から「若手社員が成長するために必要な要素は何か?」という質問を受けた。山本さんからも「良い機会だから考えてみて欲しい」と言われた。改めて考えると、奥の深い問いだ。これまでの学びを活かして、“ありきたり”ではない、真の要素を考えてみるぞ。

学びのポイント

  • 目標の設定(仕事の段取り)
  • グループとチームの違い

Mission6追加依頼に対応せよ

STORY

突然、アオイ商事の担当者が来社してきた。同席すると、思いもかけない依頼が。なんとアオイ商事の役員に直接プレゼンテーションをして欲しいとのこと。いきなりハードルが高まってしまったなぁ・・・。

学びのポイント

  • コンフリクトを恐れない
  • フィードバックを受け入れる

ミッション例の紹介

【ミッション概要】上司からの依頼で夕方の会議に使う資料を準備することになった。30分で終わるはずだったのが、
顧客からの急な依頼の対応・部長からの会議内容変更の知らせが…。
報・連・相を駆使し、優先順位を確認して資料を準備せよ!

ミッション例

ミッション例の学び

タイムマネジメント
  • ・限られた時間内で3つのタスクを処理することは出来ましたか?
多くの受講者が
時間内に終わらず・・・
報・連・相
  • ・クレーム内容をすぐに上司へ報告しましたか?
  • ・時間内にタスクが完了できない場合、事前に報告していました?
タスクが完了していないことを、締切時間間際になって
報告する人が殆ど・・・
考え抜く力
  • ・付加価値をつけようとしましたか?
与えられたタスクを
ただこなす人が多い・・・

使用教材

テキスト

テキスト

iPad

iPad

テキスト
テキスト
テキスト

ビジネスの現場をリアルに再現する様々なツール

ラーニング・スタイル・ワークブック

参加者の声

受講者の声

  • 今までの研修は実践的でなかったが、今回はビジネスの現場を再現していた。実際の仕事で起こりうることに挑戦するなど、とても充実した研修だった。
  • 映像で職場が再現されて、自分がそこにいるという感覚を持てた。ストーリーに入り込んでいる感じがして、3日間が本当にあっという間だった。
  • 自分の改善点を知ることができた。とくに「ホウレンソウ」の基礎行動において、これまでは分かっているだけだった、ということを痛感した。そして、この研修を通して、出来るようになったことは大きな学びだった。

導入企業の声

  • 臨場感が感じられた。実際の業務をリアルに体験でき、成長につながると思った。
  • 職場でよく起こる状況が再現されていて、学びが深いと思う。細部まで練られているプログラムで、まさに新人若手社員の総合学習という印象。
  • 実務を疑似体験させながら、厳しい環境で失敗体験を通して、学んでいく流れが良い。現場に戻っても、この経験が活きるイメージを持てる。

お申し込み

ムビケーション無料セミナー・体験会はこちら
ムビケーションHOMEへ戻る
ページトップへ戻る