発想力研修

講師派遣型

物事の改善をもたらす「多様」で「効果的」なアイデアを生み出すための発想法を身につける

課題

  • アイデアを出すことは自分には難しいと思っている。
  • 発想しようとしても、何をどこから考えていいか分からない。
  • 「できるわけない」「こうしなければならない」といった固定観念に縛られてしまう。

研修効果

  • 自らがアイデアを発想する際に遭遇する「発想阻害要因」を克服します。
  • アイデアの発想(アウトプット)に必要な情報収集(インプット)の方法を改善します。
  • 多種多様な発想法の体験・習得による、発想力の強化をします。

サービス概要

対象者 若手社員、中堅社員
期間 1日間(7時間)
費用 講師派遣型:お問い合わせください

プログラム概要

※プログラムは一部変更となる場合があります。

1日目午前

  • オリエンテーション
  • 発想力とは
     ・発想力とは
     ・これからの時代に必要な発想力
     ・発想を阻害する要因(メンタルブロック)
     ・発想の心がまえ
     ・発想のプロセス
  • 発想体質をつくろう
     ・アウトプットするには、まずインプット
     ・観察力を高める
     ・着眼点がキーになる

1日目午後

  • 発想のための6つの思考法
     ・アイデアを出すための「発散思考」
     ・自由連想法① 沈黙のブレスト「ブレインライティング」
      【演習】 ブレインライティング
     ・自由連想法② 解決策の発想に役立つ
                     「欠点・希望点列挙法」
     ・自由連想法③ 視野を広げる「9マス発想法」
     ・強制連想法① チェックリストで問いかける「SCAMPER」
     ・強制連想法② 6つの視点から考える
                    「シックスハット発想法」
     ・強制連想法③ 大胆な飛躍をねらう「カラーバス発想法」
  • アイデアの取捨選択
     ・発想を絞り込む「収束思考」
     ・アイデアの分類
     ・アイデアの比較・検討
     ・アイデアの選択
      【演習】収束思考
  • まとめ

本研修のポイント

「発想力」というと、一部の人が先天的に持っている才能、というように思われています。しかし、実はスキルの一つであり、学習することによって磨くことが可能なのです。本研修では、発想の心がまえはもちろん、数種の具体的な発想法を解説し、さらに一部の発想法については個人、グループで実際に体験。決められたテーマにおける「発想」を実際に行なってもらいます。
カリキュラムは、発想力が求められる背景や発想を邪魔するものの克服法等に触れた後、「①発散フェーズ⇒②収束フェーズ」のプロセスで、具体的な方法を体験しながら発想力の学習を進めていきます。

お申し込み・お問い合わせはこちらから

関連サービス一覧

マイナビ研修サービスでは、
人材育成研修プログラム
提供しています。

さまざまなニーズに応じたプランをご用意しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

TOP