採用基準設計研修

公開型

講師派遣型

採用基準の設計フロー「求められる人物像→評価項目→評価基準」を習得する

課題

  • 求める人物像があいまいであり、策定手法 を基本から学習したい。
  • 求める人物像はあるが、評価項目との連動が はかれていない。
  • 評価すべき項目は存在するが、評価基準 (○×基準)が浸透していない。

研修効果

  • 新卒採用における採用基準の大切さを理解した上で、どのように採用フローを設計すればよいか。 「求める人物像→評価項目→評価基準」の具体的手法を習得していきます。
  • ある会社を題材にして、評価基準の設計フローを疑似体験することで、必要知識・スキルについて、 効果的に学習することができます。
  • 採用コンサルティングの経験が豊富なマイナビパートナー講師が、設計事例をもとに分かりやすく講義を進めることで、すぐに実践で活かせるスキルを習得します。

サービス概要

対象者 採用担当者
期間 1日間(7.5時間:休憩1時間を含む)
費用 公開型:30,000円/人(税別)
講師派遣型:お問い合わせください

プログラム概要

※プログラムは一部変更となる場合があります。

1日目午前

  • オリエンテーション
  • 新卒採用における採用基準の大切さ
     ・戦略的な新卒採用のために
     ・採用基準を定めることの大切さ
  • 採用基準設計の全体像
     ・求める人物像⇒評価項目⇒評価基準の連動性
     ・基準設計だけでなく、共有・浸透が大切
  • 求める人物像を明確にする
     ・採用実務において大切なこと
     ・求める人物像の明文化手法
     ・社内の意見を集約する

1日目午後

  • 評価項目を選定する
     ・求める人物像から抽出する
     ・評価項目から選考フローを策定する
  • 評価基準を策定する
     ・選考官が判断できるレベルまで落とし込む
     ・代表的な選考手法と評価基準
  • グループワーク
     ・自社の採用基準を見直しする
  • 質疑応答・まとめ

本研修のポイント

新卒採用を成功に導くためには「どのような学生を採用したいのか」を明確にし「採用基準を策定すること」「採用基準を見直すこと」が重要です。
また「その学生はどのような能力や考え方、または性格をもっているのか」を明確にし、選考官は正しい判断を行います。本研修では、新卒採用の基準設定の一連の流れを学習します。

受講者の声

今までどういった質問をすれば学生の本質が分かるのかが分からなかったので、質問を考えるうえでとても参考になりました。

これまで面接を経験しながらもそのスキルについて体系的に学ぶ機会を持ちませんでした。今回の研修での実践を通して、無意識に身についているスキル、そうでないスキルの区別など気付きの機会として非常に貴重だったと思います。

過去に当社では新卒採用を行っていないため、何から何までもが大変参考になりました。

面接を行う上でのポイントが整理できました。iPadを使用することで、自身の表情や態度につい
て知ることができ、今後の課題が明確になったと思います。また、企業側が学生のポテンシャルを引き出すことの重要性を実感できました。

お申し込み・お問い合わせはこちらから

公開型研修1名様から参加可能
お申し込みはこちら

【全国研修日程一覧はこちら】

関連サービス一覧

マイナビ研修サービスでは、
人材育成研修プログラム
提供しています。

さまざまなニーズに応じたプランをご用意しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

TOP