DX研修(中級編)

講師派遣型

DX推進プロセスを実践的なワークショップで体験する

課題

  • DX推進をしていく予定だが、進め方がわからない
  • どの領域においてDXを推進していくのか、戦略の立て方を学びたい
  • DX推進を全社的に展開していくための方法が知りたい

研修効果

  • DX推進プロセスの全体を講義と演習で学びます
  • 自社の現状や課題を把握するマーケティングのフレームワークを学びます
  • 組織変革のプロセスを学び、DX推進計画書を作成するための知識を身につけます

サービス概要

対象者 DXを推進される企業の経営者、ご担当者の方
※DXの基礎知識を有する方におすすめです
期間 2日間(1日8時間:昼休憩1時間を含む)
費用 講師派遣型研修のため、個別お見積りとなります。
詳しくはお問い合わせください。

DX推進に必要な基礎知識が学べる「DX研修(初級編)」もございます。詳細はこちら

DXとは

DXとは、データを活用して「提供するサービスの価値」や「提供するサービスの仕組み」を作り変えることです。

デジタル技術の発展により、ビジネスを取り巻く環境が大きく変化している中で、日本の国際デジタル競争ランキングの順位は低く、企業のDX推進は急がれています。
デジタルを活用して社会、企業などが変化していくために、企業はDXを推進するための組織改革、従業員の意識改革、デジタル人材の育成に向けたリスキリングを行う必要があります。

DXの意味や注目されるようになった背景は、こちらをご覧ください。
DXとは?いまさら聞けない基礎知識をわかりやすく解説!

DX推進のポイント

DXを推進するためには、全社へビジョンを浸透させ、現場への具体的施策の支援が必要となります。
これを担うのが経営者とDX推進チームです。
そのため、経営者とDX推進チームの連携は不可欠となり、以下のような取り組みが求められています。

①全従業員が共通言語で会話できるDXリテラシー強化
②創造的に物事を考え、論理的にまとめる思考力強化
③変化し続ける組織を加速させる仕組みづくり

DXを推進するために経営者とDX推進チームが、DXの基礎知識を身につけることはもちろんのこと
DX推進のビジョンを策定したり、具体的施策を検討したりするための発想力やマーケティングの思考も求められます。

DX研修(中級編)の特徴

DX研修(中級編)はDXの基礎知識に加え、DX推進に必要なプロセスを講義・演習・フィードバックを繰り返し、ステップごとに学びます。

第1章:DX概要と基本用語
DX概要やDX基礎用語とIT技術など、ワークショップを実施するための前提知識を確認します。

第2章:DX推進プロセスワークショップ
DX推進プロセスに必要な以下の内容を演習を交えながら学びます。
・組織変革プロセス
・アイデアを出すための思考的発想力
・自社の現状分析をするためのフレームワーク
・DX施策を検討するためのフレームワーク
・DX施策を実行するアプローチ方法
・DX推進チームの構築と育成
・総合演習(DX推進計画書作成)

プログラム概要

※プログラムは一部変更となる場合があります。

1日目午前

  • オリエンテーション
  • DX概要と基本用語
    ・DX概要とDXが求められる背景
    ・日本の現状と取り組み
    ・DX対象の変化とDX実現領域
    ・DX基礎用語とIT技術

1日目午後

  • DX推進プロセスワークショップ
    ・DX推進で重要なこと
    ・DX推進領域を明確にする
    ・思考的発想と論理的思考
    ・DX推進検討に必要なフレームワーク

2日目

  • DX推進プロセスワークショップ
    ・DX推進検討に必要なフレームワーク
    ・DX施策を実行する
    ・DX推進に必要な役割と育成
    ・DX推進チームを明確にする
    ・DX推進に必要な当事者意識
    ・成功体験を共有する仕組み
    ・総合演習
    ・成果発表

    ※途中で昼休憩(1時間)が入ります
  • まとめ
    ・研修の振り返り
    ・講師からのメッセージ

受講者の声

DX推進プロセスを疑似的に体験することができました。特に発想方法やフレームワークなどは実際に演習をおこなうことで、より理解が深まりました。

総合演習でDX推進計画書を作成することで、自社でどのようにDXを推進していくか全体像をイメージすることができました。また、他の受講者の発表を聞くことで、自分にはなかった視点でDXについて考えられました。

お申し込み・お問い合わせはこちらから

関連サービス一覧

インバスケット研修~社会人基礎力編~
「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」として、経済産業省が提唱した「社会人基礎力」。インバスケットの問題演習やその振り返りを通して、自分自身の「社会人基礎力」に関する傾向や、課題を発見できます。その後の講義やワークを通して、社会人基礎力のそれぞれの能力を高めるヒントを得ることができます。

講師派遣型

マイナビ研修サービスでは、
人材育成研修プログラム
提供しています。

さまざまなニーズに応じたプランをご用意しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

TOP